浮気調査をする前に読むブログ

探偵が教える浮気調査の実態を描くブログ

浮気調査の実態

裁判で使える有力な証拠とは?

妻や夫の浮気が疑わしい場合、その事実を確かめるためにはまずは証拠集めをしなくてはなりません。

それがなければ、どんなに問い詰めてもシラを切られてしまえばそれ以上のことは出来ません。

また、疑惑が確信に変わったとき離婚も考えているなら、ただ証拠を集めるだけでなく、きちんと裁判でも使える証拠が必要となります。

それでは、裁判でも有力な証拠とはどのようなものなのでしょうか?

それは「不貞行為(肉体関係)」の事実があったことを確認できる証拠です。

具体的には、私たち探偵が尾行などをして押さえる証拠は主に以下の3つです。

・ラブホテルへ出入りする写真(3回以上)

・ラブホテルで40分以上の滞在時間を証明できるもの

・浮気相手の自宅または夫の単身赴任先などへの出入りしている写真(5回以上)

これらの証拠があれば、不貞行為があったことを証明することが出来る可能性が高く、裁判で離婚が認められたり、慰謝料の請求を有利に進めていくことが出来ます。

ですが、これらの証拠を掴むためには「浮気相手とのメール」「ツーショット写真」「クレジットカード明細」なども非常に重要です。

浮気相手とどこで、いつ会うのかなどの予想を立てることが出来、調査を進めやすくなりますので、ご自身で行った証拠集めが無駄になる訳ではありません。

気づかれずに出来そうな場合には、ご自身でそのような証拠を掴んでから、探偵に依頼することで、時間や費用を抑えることが出来ます。

-浮気調査の実態